読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

良くも悪くもない

平熱が34℃台の夫。

あれから36℃台をキープ。

どこかがおかしいという事はないようなので様子見。

 

2日前に多少の痛みがあっても歩きたいとの事で杖を購入。

湿布のおかげか腰痛は治ったみたい。

杖は肛門痛が酷くなった時用に持ち歩いている。

家だろうが外だろうが排便後には強力ポステリザン軟膏を塗るので耐えられる痛みではあるようだけど。

 

今まで書いてはいなかったけれど、入院中から便失禁がある。

おならで漏れるし、外出すると漏れるので普段から夜用ナプキンをしてその上にトイレットペーパーを敷いている。

もう漏れるのは仕方ないので、便の形状が泥状便じゃなく通常便にならないかなぁ。

酸化マグネシウムは飲んでおらず、昨日からビオフェルミンを飲み始めた。

泥状便は腸内環境が悪いからとネットに書いてあったので。

ただ泥状便の回数は減って来てはいるらしい。

夫も漏れるのは仕方ない、それよりも肛門のただれの方が辛くてどうにかならないかと何度も言う。

 

今日の3時過ぎからトイレに行ったり来たり。

下して落ち着いたのが7時過ぎ。

ビオフェルミンか昨日の食事か?

夫はわからないよと言うけど、昨日のお昼に食べたの焼肉・・・

ただ下した事ですっきりはした模様。

 

本来伝えられた予定であればこの辺りでの手術だった。

それがもう終わって療養している。

大変だけど、結果早く手術が出来て良かった。