読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

術後2日目

直腸癌 入院生活

日付が変わった頃にお腹が痛いとメール。

お腹が痛くて切った所ももちろん痛いけど、中が痛いらしい。

起きてるかどうかわからない私にメールをするという事はよっぽどの痛みなのか・・・

硬膜外麻酔のボタンを押して効いて来たと言うので、そのまま早く寝た方がいいと返事をした。

 

昨日より遅く行ったらもう病棟内を歩き終わってのんびりしていた所だった。

おむつに直にしてしまうのが嫌なのでパッドを買ってくれと頼まれる。

病院で買うと少し高い。

次からは外で買って持って行く事にする。

傷も中も相変わらずの痛みのようで、硬膜外麻酔の追加が決まった。

なので尿管もまだつけたまま。

それでも先生は極めて順調とお腹の音を聞きながらおっしゃった。

 

咳が出来ない、笑えない、お腹が痛くなるからね。

そりゃそうよー、術後48時間ですよ。

昨日まであった熱も下がって・・・と言っても平熱の低い夫にしたらまだ高いけど、痛み止めが聞いていればそれなりに普通。

表情も昨日にましてきりきりしている。

なのでいろいろ考える。

あーだこーだと話したけど、今日はテレビを観ている時間が長かった。

 

さて帰ろうかなと言った時、一生懸命動こうとする夫。

どうしたのかと聞いたらお見送りにと言う。

ダメだよ、まだ一人では歩けないよ、看護師さんと一緒じゃないとと言うと、

「えー、そうなの?」と言う。

多分、痛みさえなければ動いたり歩いたりしたいんだな。

 

硬膜外麻酔が外れないと次に進まない。

でも焦りは禁物。

まだ縫合不全の可能性はあるのだし。

先は長い。