読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

術前検査の結果

下剤を飲んで寝たものの、1度トイレに行ったのみ。

一応話して検査を受ける。

検査が終わった後の方がトイレに行く回数が多い。

 

診察。

やはり便は全く出ておらず、残便感がないか聞かれた。

画像にもしっかりと便が写っていた。

毎日すっきり出た感があっても、便秘との事。

飲んだ下剤の量が結構な量らしく、それでも出ないのは相当なので

先生が詰まっても困るし血便もあるからと便を柔らかくする薬を出してくれた。

腺腫の位置は全くわからなかったけど、直腸癌の位置はわかったと話していた。

大きさは3~4センチらしい。

肝臓等への転移は見られないけれどリンパが1つ腫れているように見える。

なので今の段階でのステージは3a。

腫瘍マーカーのCEAは正常の10倍だったかな。

 

とにかく手術が混んでいて、3月中には何とか・・・との事。

仮の入院日は決まったけれど、正式にわかるのは来週だったかな。

電話で連絡しますと言われた。

 

術式はまだわからないけど開腹、一時的ストーマになる可能性があるとは言われた。

糖尿病でHbA1cが高値である事、内臓脂肪が多い事、その他諸々でハイリスクだと。

想定内だったし、夫もどちらでも構わないと先生に話していた。

 

禁煙外来後は入院の説明。

歯科を受診してくださいと言われる。

これはかかりつけがあるので、急いで予約を入れた。

というのも、手術日がわからなかったので治療が途中になるのが嫌で退院後にまた通うと先生に話して止めたから。

止めなきゃよかった・・・

その後はかかりつけに。

HbA1cが高くて内臓脂肪が多いんだってと相談。

数値は落ち着いてるのにとおっしゃる。

がんがん下げようと糖尿病の薬が1つ増えた。

内臓脂肪は食べないと事だねと。

・・・食べないのかぁ。

あとは手術後に化学療法になるかもねと言われた。

 

手術日は決まっていないけど、道筋が見えてきた。