読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

排尿障害?

よく「カテーテルが痛い」と言っていた夫。

抜去後も痛みはなくならず尿の出方も悪かったので、残尿があるといけないから泌尿器科で診察を~という話だったけど、その話の2日後には退院して来たので立ち消え?

退院後も痛みがあって、最近になってやっと痛みはなくなったようだけど違和感はあるらしい。

 

尿意の感じ方がおかしい。

したいと思った時には膀胱は限界状態で漏らすギリギリ。

この限界状態にならない為には尿意がなくても2時間おきにトイレに行って排尿するのだそうだ。

『直腸癌 排尿障害』で検索するとあれこれ出て来るけど、夫のは排尿障害と言えるのだろうか?

あちこち少しずつ良くなっているのに、排尿に関しては悪い意味での現状維持。

私が夫からこういう状態だと聞いたのも数日前の話。

次回の診察時に話してみたらどうかと言ったら

「きっとカテーテルが入るだろうから嫌だ。あれだけはもう二度とやりたくない」

とあっさり断られてしまった。

 

うーん。

最近の夫

成形肉とにんにくは食後8時間程度で下した。

それも3時間くらいはトイレに行ったり来たり。

からあげと生しらす、鯖寿司は食後1時間。

これは1回行ったらそれでおしまい。

からあげ、前回は大丈夫だったんだけどなぁ。

鯖寿司も他のお店のは平気だったんだけど・・・

生しらすかしら。

こんな調子なので、仕事中と平日の夕食の外食は無理。

 

退院してからしばらく悩んだ痔や肛門付近のただれの症状がないので調子は良さそう。

予防として軟膏類は塗っている。(強力ポステリザン・リモイスバリア)

トイレの回数も頻回だけど、上記の症状がないので辛くはないみたい。

 便もれもかなり回数は減っている様子。

夫自身「かなり良くなってる実感がある」と話す。

 以前は生理用ナプキンを使用していたけど、今は男性用尿もれパッド。

 

天気が悪いとお腹の傷がちくちく痛む。

痛み止めを飲むほどではないけど不快だと言っていた。

半年1年でなくなる症状なのか、それとも一生のものなのか。

とりあえず梅雨の時期が怖い。

禁煙の難しさ

家計費を入れる財布を新調して渡した所から機嫌が悪くなった。

イライラした様子で「鞄が小さい」と。

元々仕事用に使っていた鞄を渡したら出したり入れたり落ち着かない。

ぶつぶつ言っているので提案したら選択肢を増やすなと静かに言う。

財布を渡す直前までは機嫌が良かったのに、さてこれは何かしらと静観。

首をかしげながら甘いものを食べたかと思ったら薬箱を漁りだす。

ニコチンパッチを探していたのでした。

 

標準の禁煙治療はしていない。

段階を踏んで行くはずなのに、入院が早まったので強制禁煙。

退院後の禁煙外来でも吸いたくなったら貼るように言われていた。

退院して1ヶ月半、一度も貼らずに来ていたのに。

 

同僚さんがかなりのヘビースモーカーだそう。

窓を開けて努力はしたみたいだけど

「あれじゃ、吸ってるのと変わらない」

ニコチンパッチを貼って落ち着いた夫がそう話した。

貼ったのは10分程度。

 

私も過去、軽いやつだけど1日に3箱は吸う喫煙者だった。

2010年の増税時に禁断症状に陥る事もなくすんなり止めた。

なので正直、禁煙の大変さがわからない。

さて、どうしたものか。

仕事復帰

先日より仕事に復帰している夫。

休んでいる間にブラックから超絶ブラックになっており、そこに自分の身体の事が重なりかなり不安だと言っていた。

多分夫の口から不安という言葉を聞くのは初めて。

 

「物を持ったらお腹がブチっと鳴って激痛。」ロキソニンを飲んだ。

「物を持ったら漏れた。しかも2回。」トイレでシートの交換。

という事はあったみたいだけど、体力的にはそんなに問題がないみたい。

頻便に関しては聞いてないけど、同僚の方の理解もあるので大丈夫そう。

なにより退院してからずっと空腹感がないと言っていたのが、「お腹がすいた」と帰って来るようになったのがとても嬉しい。

 

ビオフェルミン錠は毎食後、ミヤBM錠は3日に1錠。

毎日便通があっておならもよく出ている。

多分レントゲンを撮れば便があって、「さぁ薬を飲んでください」と言われる状況だろうけど。

もう1週間位、肛門付近のただれや痔もなく平和。

コープ共済

コープ共済に郵送。(4/18)

入金。(4/24)

 

他社の診断書のコピーでもOKな場合は手術をしなかった場合だろうか?

1枚5千円の診断書。

調べるともっと高い所もあるみたい。

 

一応これで生命保険関連は終了。

あとは傷病手当金の手続き。

がん保険2

パルシステムの団体がん保険

診断給付金は請求済み。

今回は入院と通院分の請求。

 

保険会社に郵送。(4/3)

入金。(4/18)

 

どこかでコピーでも大丈夫と読んだので、コープ共済に聞いたらダメだと言われて診断書は2通。

団体がん保険に出したのとコープ共済のを比べると内容が違う。

団体がん保険の方はとっても簡潔。

コープ共済の方は詳しく書いてあった。

多分、確認か何かが病院に入ったのだと推測。

腫瘍マーカー

かかりつけから帰宅した夫に

腫瘍マーカーを定期的に調べるって」と結果の書いてある紙を渡された。

1月の内視鏡検査を受ける数日前のと3月の退院後の分。

 

1月      3月

CEA:32.4   CEA:4.5

CA19-9:9.4  CA19-9:14.5

 

2月のCEAは57.?で、CA19-9は聞いていない。

 

A先生に内臓脂肪が多くて腹腔鏡は時間がかかるから開腹手術になるかもと言われて、それでも構わないと答えた。

一時的に人工肛門かもしれない、血糖コントロールの為に早めの入院になるかもしれない。

嫌ですと言った事はなにひとつなく、それがベストであればどちらでもいいと答えていた。

結果、夫は開腹手術でもOKな人だと判断されて空いていた所に入れてもらえ、予定よりも早く手術が出来た。

 

夫が早く切ってもらえて良かったとよく言う。

1月から2月の数値の変化を見ると余計にそう思う。